読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸下町月記

神戸の下町に住む人が月に一度程度更新するから月記

神戸と大阪と、横浜と東京と

なんだかエッセイ集の小見出しタイトルみたいですが、
まあ中身も似たようなものなので良いでしょう。

一応関西人と名乗れるだけの経歴を持つ私ですが、
神戸ではまだ新参者です。

生粋の神戸っ子からすれば色々と思うことがあるのでしょうが、
神戸と大阪は、口では色々と悪く言うものの、
実際はそこそこ仲が良い腐れ縁のような関係ではないでしょうか。

この辺りの市町村はそもそも、お互いに独立した帰属意識を持っており、
神戸から出ることなど滅多にない私でも、
姫路、加古川、明石、神戸、芦屋、西宮、尼崎という街のことを知っています。

そういう意味では、神戸からすると、その延長線上に大阪があるだけで、
別の県であるとか、経済圏が違うとかはあまり関係ないのかもしれません。

では関東の都市は、東京をどう思ってるのでしょうか。
残念ながら、私は関東に疎いので想像することも難しいのですが、
横浜という街を調べてみたところ、神戸と似ている特徴を見つけました。
(神戸と横浜の比較は色々と厄介なので置いておきます)

それはズバリ、距離です。

例えば、神戸の中心地である三ノ宮駅から、大阪の中心地である大阪駅まで、
下道をトコトコと車で移動するとします。
Googleマップによると、その距離は31.7kmだそうです。

次に、横浜の(たぶん)中心地である横浜駅から、
東京の(たぶん)中心地である東京駅まで同じように移動するとします。
これもGoogleマップによると、その距離は30.2kmだそうです。

ほぼ同じ!
その差なんと1.5kmしかありません。

つまり神戸は横浜だったんだ!!
な、なんだってー!!

勢いに任せて筆を置いて逃げる。