読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸下町月記

神戸の下町に住む人が月に一度程度更新するから月記

「VRゴーグルの体感比較」の雑感

下記の記事を読んだ雑感と、個人的まとめ。
【佐藤カフジのVR GAMING TODAY!】かぶった!試した! Rift・Vive・PSVR“体感”比較 - GAME Watch

項目名 PSVR CV1 VIVE メモ
体感上の画質 6 5 5 画質はPSVRが一歩優勢だが、
ほぼ優劣はなし。
装着感 9 10 8 装着感はCV1が一歩優勢、
PSVRは密閉感、
VIVEは重心位置が一歩劣る。
コントローラの完成度 5 11 13 コントローラはVIVEがかなり優勢。
ルームスケールは伊達じゃない。
悲しいことにPSVRは
ラッキングや精度で劣る。
価格と普及台数(予想) 5 2 2 価格でPSVRが優勢、
普及台数も唯一の
コンシューマ向け
ということでPSVRが優勢。
日本人向けコンテンツは
PSブランドのPSVRが優勢
(点数には無反映)
総合点数 25 28 28 コントローラの完成度で
PSVRが一歩劣るが、
価格を考えれば十二分に
健闘している。

正直な話、現在までVRゴーグルの大本命だったOculus Rift(CV1)は、
VIVEの登場で苦しい立場に追い込まれる可能性があります。

なぜなら、CV1の購入を考える人は、VRにある程度お金を払う覚悟があります。
つまり、CV1よりも、差額の200$を払い、標準でコントローラが付属し、
ルームスケールを提供しており、Steamが公式にバックアップしている
VIVEを選択する人が多いのではないかということです。

CV1はVIVEの登場により、ハイエンドからミドルエンドの立場に追い込まれました。
PSVRは唯一のコンシューマ側であり、他の製品とは想定している客層が異なるので、
ハイエンドのVIVE、コンシューマのPSVRという構図になると予想しています。

個人手には、お金さえさればVIVEとPSVRの両方を購入したいですが、
それは難しいので、必然的にPSVRを購入することになります。