読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸下町月記

神戸の下町に住む人が月に一度程度更新するから月記

連続テレビ小説の東京局と大阪局の視聴率とか

今年後期のNHK朝の連続テレビ小説(10月スタート)の原作が、
神戸を代表する子供服のアパレルメーカ「ファミリア」の
創業者の話になるというニュースが流れました。
ちなみにタイトルは「べっぴんさん」だそうです。
神戸在住の私としても非常に嬉しいニュースです。

その関連でちょちょいとWikipediaを眺めていたら、
連続テレビ小説の制作は、東京局と大阪局がほぼ交代で
担当していることがワカリマシタ。

順番では「べっぴんさん」の制作は大阪局となるので、
期待を込めて東京局と大阪局の過去のタイトルの平均視聴率
平均値と中央値を計算してみました。

東京局の平均視聴率(平均値) 32.5%
東京局の平均視聴率(中央値) 36.2%

大阪局の平均視聴率(平均値) 27.8%
大阪局の平均視聴率(中央値) 26.1%

…残念な結果ですね。
まあこれにはカラクリがあり、1974年までのタイトルは1つを除き、
全て東京局制作となっているのです。
昔はテレビ自体の視聴率が今より高いですから、
必然的に東京局の平均視聴率も上がるワケですね。

ということで、1975年以降のタイトルに絞って計算した結果が…。

東京局の平均視聴率(平均値) 29.5%
東京局の平均視聴率(中央値) 28.1%

大阪局の平均視聴率(平均値) 27.4%
大阪局の平均視聴率(中央値) 25.0%

お、良きライバルぐらいの結果にはなったかな?
ついでに調べたワースト3は以下の結果でした。

東京局平均視聴率ワースト3

  1. 2009 つばさ 13.8%
  2. 2008 瞳 15.2%
  3. 2004 天花 16.2%

大阪局平均視聴率ワースト3

  1. 2009 ウェルかめ 13.5%
  2. 2007 ちりとてちん 15.9%
  3. 2008 だんだん 16.2%

2000年代は不況の時代だったのかな?
トップ3は以下の結果でした。

東京局平均視聴率トップ3

  1. 1983 おしん 52.6%
  2. 1971 繭子ひとり 47.4%
  3. 1972 藍より青く 47.3%

大阪局平均視聴率トップ3

  1. 1979 鮎のうた 42.7%
  2. 1984 心はいつもラムネ色 40.2%
  3. 1975 おはようさん 39.6%

予想通りですが時代が古い。
まあ「べっぴんさん」、期待しております。